自動車保険配布スキンパーツ1 カテゴリ:私のこと、家族のこと( 6 )

自動車保険配布スキンパーツ1 カナダへ。。。

カナダに渡って以来、初めての夏の里帰り。2ヶ月弱(7週間)の滞在も、過去最長。今回は、色んなミッションを抱えての里帰り。長いと思っていたけど、あっという間でした。。。

美濃加茂の姉のところから、子供たちは日本の小学校へ体験入学させてもらい、1週間、日本の小学校へ通いました。子供が夏休みに入ってから、高校時代の先輩を訪ね、姫路へ遊びに行き、その後、韓国へ1週間滞在。8月に入ってから、東京、広島、宮島を旅行し、お盆は 実家で兄姉妹といとこ会。残りの2週間は、実家でまったりと過ごしました。

6年ぶりの日本だったけど、入ってしまったら、すぐに馴染んでしまったのは、自分が「日本人だ」と改めて思った。
でも、今回、実感した。「6年なんて時間を空けるべきでなかった。これからはもっと、できるだけ頻繁に里帰りするべきだ。。。」と。

空港へは、両親が送ってくれた。
本当は、駅まででよかった。空港まで送ってもらったら、別れが辛くなるって分かっていたから。それと、やっぱり 空港までの往復の運転は思っている以上に疲れることだから、心配だったし。
でも、父は「送らせて欲しい」と言ってきた。。。「涙の別れにしたくないから、駅までにして欲しい」と言うと「空港の中までは送らない。荷物を降ろすところまでにするから」って言われ、父の言葉に甘え、送ってもらうことにした。。。

道中、空港までもっと時間がかかればいいと思った。きっと、両親も同じ気持ちだったんじゃないかな。。。
空港に着いたとき、父は 荷物を降ろしただけですぐに車に戻ってしまった。母は、一生懸命に涙をこらえて私たちが空港に入るところまで見送ってくれていた。私は、涙を見られないように、足早に空港内に入った。

父は20年以上にC型肝炎に感染し、10年前に肝臓癌が見つかり、8年前にC型肝炎の薬の副作用で糖尿病になり、以後 糖尿病と戦っている。父の中では「次にはもう、会えないかもしれない」という気持ちがあるのかもしれない。。。
4年ぶりに両親に会って、然程「老い」は感じなかったけど、歳も歳だし、次はせめて3年以内に里帰りしたい、って痛切に思った。。。

名古屋から成田へ向かう飛行機の中では、全く感じなかったけど、成田からトロントへ向かう飛行機が離陸する時、なぜか 涙が出てきた。涙の意味は、色々な思い。。。

今回の滞在で、息子のケンタが意外なことを言った。
「お母さん、僕、大きくなったら日本に住みたい。日本の大学に行きたい。」
母は「ケンタはそんなこと言っているけど、日本からみたらカナダのほうがいい国のように思うけど。。。よく考えたほうがいいんじゃないの?」と言ったけど、ケンタが本当にそう願うなら、私はその思いをかなえてあげたいと思う。。。といっても、ケンタもまだ11歳だから、今後、どのようにケンタの思いや気持ちが変わるかもしれないけどね。。。
でも、日本が好きでいてくれる分には、日本人の母としては嬉しい。願わくば、ケンタが大きくなるまで、両親には元気でいてもらいたい。

3年以内にまた里帰りできるように、頑張らねば。。。
また、両親の元気な姿を見るためにね。
[PR]

by forterie | 2011-08-28 20:58 | 私のこと、家族のこと

自動車保険配布スキンパーツ1 ヲタクな私。

時々思う。
「私ってオタク?」

人には色々と凝っているものがあると思う。私も。
じゃぁ、私は何のオタクか? お菓子作り? お菓子道具収集?
いえいえ違います。。。

この日ほど、自分がここまで「オザヲタ」だとは思わんかった。。。

「オザヲタ」って何?って。。。?

えーっとね。。。

5月4日だかの日記にも書いたけど、尾崎豊なり。

NHK FM の「今日は一日尾崎豊三昧」って番組があったんです。
なんと、お昼の12時15分から夜10時45分まで、リスナーからのリクエストをベースに10時間(途中ニュース中断あり)、ぶっ通しで 尾崎尽くし!
当然ながら、私もリクエストしたわ。

「存在」「闇の告白」「時」

尾崎の有名どころといわれる、3部作(10代にリリースした3枚のCD)から1曲と、尾崎が20代になってからの歌 2曲。
闇の告白は、遺作となってしまった 最後のCDの中から。。。

コメントもつけて。。。

日本時間の12時15分といえば、こちらの夜11時15分。終わりは朝9時45分。
最初は、「うーん、存在がかかったら 寝よう」と思っていた!
ところが、トークが面白くて、結局、結局。。。全部聞いてしまいました。途中、ニュースの時間だけナップを取りました。。。
番組の終わり頃、なんと! 私のコメントが読まれました! びっくり!

番組が終わったとき、ふと 思った。。。「私って。。。尾崎ファンだとは知っていたけど、ここまで。。。 もしかして、これって ヲタク??」と自問。
いやいや、多分 また同じような企画があったらば、またまた 同じように徹夜しちゃうと思う。。。年甲斐もなく。。。っていうか、尾崎世代は私より ちょーっと年上だから、私以上に「年甲斐もない」人がきっといるはずだわ。
心置きなく「ヲタク」でいよう!
[PR]

by forterie | 2011-05-05 11:45 | 私のこと、家族のこと

自動車保険配布スキンパーツ1 3月も終わり。。。

3月も終わり。。。

日本は、3月が年度末で、4月からが新しい年だよね。 学校は4月から新学期だし、新しく社会に出る人達も、入社式は4月1日。

ちょうど、去年の今日、前働いていた会社から 契約更新無しという通達をもらった。

前働いていた会社(M社)には、いい思い出は全くなくて、心身ともにズタズタにされた場所だから、あまり語りたくはない。今でも、思い出すだけで 胸が張り裂ける思いになるし、涙が出てくるから。。。

年を重ねるごとに、1年があっという間に過ぎていく。
ほんと、ついこの前 「やった~! 失保生活だ~!」なんて言っていたのに、あれから もう1年。早いねー。

嫌な思いばかりした場所だったけど、気遣ってくれる仲間がいた。そして、彼らは まだ私のことを覚えていてくれる。
誕生日、クリスマスのご挨拶にメールをくれる。そして、東北関東大震災が起こったときは、心配してメールをくれた。
M社は、YWの働く会社(B社)のサプライヤーで、何の因果かYWはM社の品質担当だから、M社に出入りしているし、M社からもB社に人を送って、残り作業を行ったりと 行き来がある。
M社で働いているほんの限られた数人は、「B社のYW」が私の夫であることを知っていて、今でも それらの人たちは、YWに会うたびに「Missy は元気かい?」と聞いてくるらしい。。。
「蓮の花。。。」と私はいつも思う。

蓮の花。 それは、泥の中に咲く 美しい花。
(解釈は人それぞれなので、感じるがままにどうぞ お受け止め下さい)


新しい生活!といえば、私の甥っ子、姪っ子 ともに 進学が決まり、私の両親、姉達は一安心、はたまた大忙しである。
高専がダメだった甥っ子 みっちーが、「滑り止め」に受け、合格した高校は、県内では中堅上位の進学校だし、もう1人の甥っ子 イチローは、第一志望にどうにか決まったし、イチローの姉の月子は、後期日程で 第一志望の大学を射止めた。。。
月子の合格は、みんなが本当に喜んだ、と同時に安心した。もし、第一志望がダメだったら、東京へ行くことになっていたから。。。 今、この時期に東京へ、、、というのは、やっぱり心配。
関西へ行くことになって、本当によかった。


それぞれが、色んな期待や不安を胸に始まる新生活。
私も、失保生活にピリオドを打ち、新しい生活を始めた。

まだまだ寒いから「春」って気分じゃないけど、上を向いて、前を向いて進みたい。。。。
[PR]

by forterie | 2011-03-31 16:26 | 私のこと、家族のこと

自動車保険配布スキンパーツ1 卒業

2月26日のブログで、姪っ子 月子の話をちょろっとした。今日 3月1日は、月子の卒業式。
あー、あんなに小さかった月子がねー。。。もう高校卒業だよ。。。 歳を取るもんだなぁ。。。

月子の母(私の姉)のさっちーは結婚が早かった。さっちーが短大の頃、しきりに「子供にとって、若いお母さんっていいと思う。私も若いうちに子供が欲しい。だから、早く結婚したい」と。
まぁ、さっちーは短大時代、関西の人と付き合っていて、私は 幼子心(いえいえ、すでに高校生でした)に「さっちーは、多分 この人と結婚したいって思ってるんだろうな」って思ってた。
まぁ、人生は色々あるもので、結局 さっちーは、短大卒業してしばらくして、関西の人と別れ、さっさと他の人出会い、さっさと結婚を決めて、トントン拍子で、あっという間に月子が生まれた。

私達姉妹には、まだ上にちーすけという姉と、陽二という兄がいて、結婚はちーすけのほうが早かったけど、ちーすけは長い間、子供ができなかった。ってわけで、私ら兄弟にとって、私の両親にとっても、さっちーの義理の両親にとっても、月子は初姪、初孫だったわけで、誰もが月子に特別な思いがある。
私は、月子が生まれた翌年、カナダに来てしまったから、あまり 月子と過ごした時間は長くない。でも、なぜか 月子は懐いてくれているし、多分 唯一の姪(女の子)だから、余計に特別に感じるのかもしれない。

さっちー家族は、月子が4歳の時、ご主人、なべっちの転勤でロスに3年間住んでいたことがある。多分、この3年間が月子の人生を変えたんだと思う。 日本へ帰ってから、習得した語学をキープすることは、簡単じゃなかったかもしれない。田舎だったせいか、何かしら、外国人との交流会には借り出され、インタビュアーにさせられたり、県主催のオーストラリア研修に行かせてもらえたり。

でも、ある時期 さっちーは、よくぼやいてた。「月子は全然勉強しない。勉強が嫌いなところ、私そっくりで本当に嫌になる」ん? なんか聞いたような台詞。。。あ、今の私がケンタに対して思っていること、そのまんまだわ。
そんな台詞を2年くらい聞いたかな? でも、その後 どんどん月子の成績がよくなり、気づいたら 県下トップクラスの進学校へ進み、はてはて。。。と思っている間に、大学受験を向かえ、今のところ全線全勝。そして本命の合格発表を待つばかり。

正直、本命大学より、本人曰く「まぐれで受かった」大学の方が断然、全国区だし、知名度も上、レベルも上。でも、月子はあくまで、本命狙い。 前期日程でだめなら、後期も受ける、と断言。
「なぜ?」と聞くと、本命には自分のやりたいことがある。でも、まぐれ大学は、本当にそれが自分のやりたいことなのかわからない。と。
こいつは18にして 自分がわかってる。何がやりたいか、何を学びたいか、この年でちゃんとわかってるってすごいなー。
私が18の頃? とりあえず、受かればいいや、って思ってたよね。まぁ、学部の絞込みはしていたけど、詳細とか見なかったし(チョイスが少なかったしね、成績的に)。
いやいや、私なら、まぐれ大学に合格した時点で、本命大学への意欲は劇的に落ちるだろうになぁ。

ここだけの話(って、とってもパブリックやんか!)、うちの家系(特に父方)は、あまり賢い血筋じゃない。私の兄弟たちは、みな二流どころか、三流、四流大学(短大)しかいけなかったし。。。多分、なべっちのDNAを強く受け継いだんだねぇ、月子は。ラッキーなことだ!
そういえば、息子、ケンタが生まれたとき、あまりにYWに似ていて、母がポツリと「頭の中までお父さんに似てくれればいいね」と言った。。。 な、何て母親! って思ったけど、多分 うちの家族の中で、それを否定する人は誰もいないと思う。きっと、みんな同感だと思うわ。
いやいや、月子の快挙を目の当たりにして、ほんとに強く思う。

ケンタ、じゅるりんが頭脳だけはYWのDNAを強く受け継いでいて欲しい。。。 強く願うわ。

最近の日本の高校生をテレビで見ていると、「あぁ、日本も先が短いぞ」と思ってしまうけど、月子のような高校生がまだ存在すると知って「日本もまだまだ捨てたもんじゃない」とちょっと元気になった。
大学生か。。。 これから数年が一番輝いていて、一番楽しい時期。 悔いのない学生生活を送ってもらいたい。 広い世界を見て、大きな人間になってもらいたい。
月子、卒業おめでとう!
[PR]

by forterie | 2011-03-01 15:57 | 私のこと、家族のこと

自動車保険配布スキンパーツ1 子供の教育

2月もそろそろ終わり。日本では受験シーズンって感じなんでしょうかね。。。
私には、姪が1人、甥が5人いる。 そのうちの3人が今年受験。
受験生達の1人、姪の月子と最近、スカイプをするようになった。

月子は私のすぐ上の姉、さっちーの長女で、今年大学生になることがもう決まっている。でも、まだ本命の発表が終わってないから、まだ一応「受験生」。月子の弟、イチローは今年高校受験。
今、岐阜県の公立高校の入試には、「特色化選抜」って言うのがあって、まず定員の50%を取って、残りの50%を一般入試で取るらしい。イチローは、残念ながら、特色化選抜で不合格となってしまい、今 一般入試のために勉強中。もう1人の受験生、一番上の姉、ちーすけの長男のトラオは特色化選抜入試は合格したけど、本命には不合格。
男二人は、人生初の挫折を経験したようだ。。。 しかし、長い人生、挫折の繰り返し。少々挫折を感じても、それを乗り越えていく強さの方が、生きていくには大切さ!

教育と言えば、うちの子供たち。3年生のじゅるりんは、要領がよくて、それ程 お勉強しなくても、そこそこの成績を持って帰ってくる。女の子ってのもあるけれど、語学もよくできる。今のところ、英語もフランス語も平均以上。まだ3年生だし、あまり心配していない。
問題はケンタ。

子供がまだ小さい頃、「英語なんて、学校に行きはじめれば、外で覚えてくるから、家で特別な今年なくても大丈夫よ」って言われた。が、それは低学年までの話。小学校も高学年になれば、数学や理科、社会でどんどん難しい言葉が出てくる。両親が普通に英語を話している家庭の子供ですら、「英語」は難しくなってくるのに、それがうちのような移民家庭になったら。。。。

ケンタも1年生はよかった。2年生の3学期頃から成績が下降線を描き始め、3年生の時には、先生から何度も電話がかかってきて「子供には限界ってのがあって、特に語学に関しては、持ってるキャパシティーが子供それぞれありましてね。。。 もしかして、ケンタの場合は 4ヶ国語ってのがネックになっているのかもいれませんね」と暗に 日本語かフランス語か、どちらかを諦めなさい的なことを言われたりもした。。。
4年生の時は英語の先生には「まぁ、こんなものですよ。ケンタはがんばってますよ」をホッと胸をなでおろし、でも仏語の先生には「平均以下です」と突きつけられたりもした。そして、5年生、どうにか、どうにか 追いつき始めてきた。。。それでも、まだまだ。。。

ケンタとじゅるりんの通う小学校は5年生で卒業。ケンタは今年の6月、卒業。このままフレンチイマージョンの中学へすすみたいケンタ。そのためには、今以上、それ以上がんばらなければならないのよ。「今のままだと、フレンチの中学へ行っても、ついて行けないから、もっともっとがんばらないとだめなんだよ」と言っても「分かってる」しか返事しないケンタ。
とりあえず、6年生はこのままフレンチの中学へ行かせることにした。でも7年生からは、ケンタの語学の成績次第。
語学ができないと、他の科目にも影響する。(現にケンタは英語の意味が分からず、算数や理科の成績がぼろぼろだったことがあった)
算数や理科は教えてあげられても、英語やフランス語は教えてあげられないし、算数や理科も、フランス語で持ってこられたら親がお手上げ!

子供が小さいうちは、確かに吸収する速度も早く、量も多い。だから、特別なことをしなくても、子供は自然に言葉を覚えていく。でも、高学年になってくると、本人の努力が必要になってくるよ。
両親が英語を母国語としない場合、どうするか。。。? うちの場合、本を読ませる。とにかく本。

ケンタの語学が、緩やかながら、追いつき始めたのは、多分 ケンタが無類の本好きが理由のような気がする。英語、仏語、日本語。。。言語関係なく、本が大好き。英語のある長編小説をこよなく愛するケンタ。 その読書の量がやっと報われてきたのかもしれない。

繰り返すようだけど、学校や外で英語を覚えるから問題なし!ってのは、低学年まで。子供は親の会話をちゃんと聞いている。だから、両親の母国語が英語の家庭の子供の語彙力は、そうでない家庭の子供のそれとは断然に差があるのよね。それをどう補うか。。。
それが高学年の課題だと思う。
[PR]

by forterie | 2011-02-26 20:10 | 私のこと、家族のこと

自動車保険配布スキンパーツ1 心機一転!

心機一転、ブログをお引越しして、ブログ名も変えて出直しです!
以前のブログは、最後の方、「このまま死んでしまうんじゃないか」と読者の方々にも心配していただくほど、凹み、切ないものだった。。。 あれから1年半以上たって、周りを取り巻く環境、状況が変わって、自分自身 ずいぶんと癒されてきたから、そろそろ またブログを始めてみよう! 環境を変えてね、と思った次第。

新しい場所での再出発。
どうぞ、よろしくお願いします!

前のブログをご存じない方のために、簡単に私について、
カナダ生活17年目、結婚生活11年目。夫は、生まれも育ちも韓国、釜山。1997年に仕事の駐在で来ていた彼(=夫)とナイアガラで出会い、その後 紆余曲折有り、結婚して彼をカナダに強制移民させてしまう。(在加韓国人の中では、非常に珍しい移民ケース)
2000年に息子 ケンタ、2002年に娘 じゅるりんが生まれ、どうにかこうにか2児の母親を勤めています。

最後に勤めた某日系企業で、えらい辛い思いをして、精神的に参って、病気にもなった。。。ラッキーなことに「派遣社員」だったので、この不況で契約終了が言い渡され、円満に退社できたのが今年の4月末。 今は、隣町のベーカリーで週2日、子供が学校へ行っている時間だけのパートへ行き、残った時間を、フィットネスへ行ったり、お菓子作りをしたり、、、と夢のような生活をさせていただいています。 あー、もう社会復帰は無理かも~!

末永く、お付き合いお願いします。
[PR]

by forterie | 2010-12-26 18:44 | 私のこと