自動車保険配布スキンパーツ1 <   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

自動車保険配布スキンパーツ1 3月も終わり。。。

3月も終わり。。。

日本は、3月が年度末で、4月からが新しい年だよね。 学校は4月から新学期だし、新しく社会に出る人達も、入社式は4月1日。

ちょうど、去年の今日、前働いていた会社から 契約更新無しという通達をもらった。

前働いていた会社(M社)には、いい思い出は全くなくて、心身ともにズタズタにされた場所だから、あまり語りたくはない。今でも、思い出すだけで 胸が張り裂ける思いになるし、涙が出てくるから。。。

年を重ねるごとに、1年があっという間に過ぎていく。
ほんと、ついこの前 「やった~! 失保生活だ~!」なんて言っていたのに、あれから もう1年。早いねー。

嫌な思いばかりした場所だったけど、気遣ってくれる仲間がいた。そして、彼らは まだ私のことを覚えていてくれる。
誕生日、クリスマスのご挨拶にメールをくれる。そして、東北関東大震災が起こったときは、心配してメールをくれた。
M社は、YWの働く会社(B社)のサプライヤーで、何の因果かYWはM社の品質担当だから、M社に出入りしているし、M社からもB社に人を送って、残り作業を行ったりと 行き来がある。
M社で働いているほんの限られた数人は、「B社のYW」が私の夫であることを知っていて、今でも それらの人たちは、YWに会うたびに「Missy は元気かい?」と聞いてくるらしい。。。
「蓮の花。。。」と私はいつも思う。

蓮の花。 それは、泥の中に咲く 美しい花。
(解釈は人それぞれなので、感じるがままにどうぞ お受け止め下さい)


新しい生活!といえば、私の甥っ子、姪っ子 ともに 進学が決まり、私の両親、姉達は一安心、はたまた大忙しである。
高専がダメだった甥っ子 みっちーが、「滑り止め」に受け、合格した高校は、県内では中堅上位の進学校だし、もう1人の甥っ子 イチローは、第一志望にどうにか決まったし、イチローの姉の月子は、後期日程で 第一志望の大学を射止めた。。。
月子の合格は、みんなが本当に喜んだ、と同時に安心した。もし、第一志望がダメだったら、東京へ行くことになっていたから。。。 今、この時期に東京へ、、、というのは、やっぱり心配。
関西へ行くことになって、本当によかった。


それぞれが、色んな期待や不安を胸に始まる新生活。
私も、失保生活にピリオドを打ち、新しい生活を始めた。

まだまだ寒いから「春」って気分じゃないけど、上を向いて、前を向いて進みたい。。。。
[PR]

by forterie | 2011-03-31 16:26 | 私のこと、家族のこと

自動車保険配布スキンパーツ1 スタート!

今日から 新しい仕事のスタート!

まずびっくりしたのが、朝 仕事に行ったら驚かれた!
なんで?

「実は、あなたの前に2人、すっぽかされたのよ。だから、本当に来てくれるのかなって思って金曜日に確認の電話したのよ。それでも、半信半疑だったのよね」

だそうだ。
すっぽかしをした人の1人はオタワの Le Cordon Bleu を修了した人で、オーナーもずいぶんと期待をしていたらしい。が、前日に連絡をしたら「ええ、明日行きます」と言いながら、当日 すっぽかし。その後、電話にも出なかった。。。
「まぁね、21歳の子だったから、まだまだ子供だから そういうことを平気でしちゃうのかしらね。それにしても失礼でしょ?」と言っていた。

うん、確かに失礼極まりない。
いくら いい学校を出ていても、そういう社会人としてのルールを守れないってのは、社会人失格だよね。 私なんかは、ちゃんと学校を出たわけじゃない、いわゆる たたき上げっていう感じだから、勤怠や就労態度でカバーしていくしかないのよね。

今日は、色々と教えてもらって、一週間のルーティーンを確認して、クッキー仕上げて、クッキー生地を作って一日が終わった。。。

「月曜日は暇なのよ」と言っていたわりに、結構 お客さんが入ってた。
ベーカリーよりもカフェ的なお店だから、お店で作る量も知れているし、外注で仕入れているものもあるし。
前のベーカリーのオーナー、クロちゃん曰く、「うーん、そこのカフェのオーナーは賢いね。本当はそういうお店の方が儲かる。下手にパンをやるとそれだけに時間を取られて、他がおろそかになるからね」と言っていた。

クロちゃんのベーカリーで働いて、なんとなく自分が どういうことがやりたいのかがなんとなく見えてきた。そして、その自分が描くものに更に近いお店で 働き始めた。なんとありがたいことか!
いい点も悪い点も、色々と見て、将来 自分が何かを始めるときの参考になればいいなぁ~、と思う。。。
よし、がんばろう!
[PR]

by FORTERIE | 2011-03-28 23:01 | 日々の生活

自動車保険配布スキンパーツ1 18年目に突入です!

ここ数週間、妙に忙しい。
子供が春休みだった週は、一日中子供と向きあって、精神的に疲れてしまったし、子供がいるところでお教室を開催したけど、これまた 子供のけんかの仲裁をしながらってのは、来ていただいた生徒さんにもお恥ずかしいところを見せてしまったし。。。

先週は、お教室を平日に行える最後の週ということで、先週は 満杯状態。なんだか私自身のキャパシティーすれすれになっていて、家事と私の日々のルーティーンが疎かになってしまった。。。そう、たとえば洗濯となね。

そんな忙しい日々の中、すっかり3月21日という日を 見過ごしてしまった!

3月21日は、私にとってはちょっと記念日。
1994年3月21日、初めてカナダに降り立った日。

あれから17年。そのほとんどをカナダで過ごしてきた。
日本へ里帰りしたり、韓国へ語学留学したりってことはあったけど、多分 この日以降、カナダ以外で過ごした時間というのは、1年にも満たない。一番長くて、結婚前の年に日本へ帰って、ついでに韓国語留学した3~4ヶ月。それから、子供を連れて日本へ里帰りした1ヵ月半。

ううーん。。。17年か。。。
まだ私の人生の半分までは行ってないけど、決して短い期間ではないよね。
若い頃にカナダに来た人の中には、心までカナダ化してしまって、外見はどう見ても日本人だし、日本語もしっかり話せる。ファッションも日本っぽい。でも、その言動が到底「日本人」でなく、何かと言えば「だって、カナダ育ちだからね」と言って、都合がいいときだけ「私は日本人」「私、中身はカナダ人だし」と言い放つ人もいる。
私は成人してからカナダに来たし、カナダで教育を受けて育ったわけじゃないから、17年経っても日本人。 でも、いろんなものを感じる感覚はずいぶんカナダ化してきたなー、と思う。まぁ、それでいいと思うけどね。

私の母友で、スイスで生まれの日本人と南米人のハーフ。幼少期から7年を日本に過ごし、高校からカナダに来たという人がいる。
本人は「私、日本人で日本語はちゃんと話せるけど、日本に7年しかいなかったから、漢字が弱いのよね」なんて言って笑わせてくれるけど、私は素晴らしいと思う。
彼女は若くして母親になったから、私よりも一回り年下。でも、すごくしっかりしていて、いろんな意味で「大和なでしこ」。
年上の人に対する言葉遣い、マナーもそうだし。最近の日本人の若者達にはできていないことが彼女にはちゃんとできる。 謙虚さも持ち合わせているし、思ったことも、相手の気分を害さないような言い回しをちゃんとできる。そして いつも彼女は「ええ、私は日本人ですから」と言う。

素晴らしいな~~! 
うちの娘にはこういう風になってもらいたいねー。カナダ生まれ、カナダ育ちだけどね。。。

私は、多分 この先も カナダにいると思う。でも、こういった 日本人の美徳とされる、謙虚さや奥ゆかしさを持ち合わせていたいと思う。まぁ、確かに カナダで生きていく上では、率直さや強引さも必要とされるけど、それは「仮」の私であって、本当の自分は「日本人」の私でいたいと思う。。。
[PR]

by forterie | 2011-03-27 12:32 | カナダの話

自動車保険配布スキンパーツ1 真冬さん、いらっしゃ~い!

3月入って、だんだん暖かくなってきた! と思いきや、先週の水曜日は大雪に見舞われ、温度もまたまた氷点下。朝夕は-10℃。。。 まだまだ春は遠かったのかな~、なんて思ってしまった。

大雪の次の日、仕事へ行く道は、雪のために大渋滞! 普段25分位で着くところ、1時間かかってしまった!
いつも高速道路を使って大都会とは逆方向の西へ向かって走る。大都会とは逆方向だから、渋滞知らず。ところが、この日は 入り口入ってすぐにノロノロ。。。
「あ~! しまった!」と思い、どこまでこの渋滞が続くのかをラジオでチェックしようと、Toronto FM 680 をつけてみた。すると、なんとも可愛い表現が。。。

「Winter is visiting Spring!」

「冬が春を覗きに来ました」的な意味合いでしょうかね。。。
渋滞のイライラの中、これはとても心が和む一言だった。。。

あまり 日本では使わない言い回しよね。日本だったら「また冬に逆戻りですね」とか「真冬のような一日でした」とか、そんな風にしか言わないよね。

大雪が降ると、子供たちは大喜び。またまた学校から帰ってくるとすぐに裏庭直行。
意味もなく雪の上を歩き回り、雪の上に足跡をつけていく。。。何が楽しいのか大人には分からない。。。でも、確かに私も子供の頃 同じようなことをして遊んだものだ。。。

大雪の前は、ずいぶんと暖かい日が続いていて、前庭の花壇には チューリップと水仙の芽が顔を出していた。だから、チューリップと水仙は きっと冬の来訪に驚いていたかもしれない。はたまた、「あー、カナダだからねー。こういうこともありだよね」と思ったか!?

大雪の後、寒いながら いいお天気の日が続き、また徐々に雪は解けていっている。この雪が全部溶けた頃、本当の春が来るのかな。。。
[PR]

by forterie | 2011-03-26 12:39 | カナダの話

自動車保険配布スキンパーツ1 ある韓国な日

静岡にも地震が来ました! 震度6強だそうです。。。実家の辺りは震度1~2程度だったらしく安心したけれど、また これで不安になる人々が出ると思うと、心が痛いです。。。

そんないや~なニュースばかりなのに、こんな浮かれた話をするのは、なんだかとっても不謹慎な感じがして気が引けるんだけど。。。
この前の土曜日は、韓国な日にしてみた。

韓国は日って何ぞや??

単に、韓国料理をいくつか作っただけなんだけどね。

普段、うちの家庭の食卓には日韓中洋と色んな国籍(無国籍)料理が並ぶ。なぜって、韓国料理ばかりだと私が嫌だし、YWは日本食OKだけど、「味が薄い」と言って、あまり好まないものも多い。
だったら、中間(?)とって それ以外のものを作る。
中華といっても、所詮 日本ん人が作る中華。いわゆる「日本の食卓中華」。洋といっても、「日本の洋食」。でも、YWはホワイトソース系が嫌いなので、子供が大好きなグラタンとかホワイトシチューはNG。 ほんと、どこまでも韓国な男。だから、どこまでも韓国が嫌いになるあたし。。。

結婚して最初の1年は、キムチを作ってあげていた。でも、なんだか 腹立たしくなってきたんだよね。。。だって、キムチを作っても、食べるのはYW。面倒な思いをして作っても。。。で、時には「うーん、今日のはイマイチだ」なんていわれたときには超むかつく。
そりゃーね、日本に生まれ育って、キムチなんて食べ物には縁がなく、韓国人と結婚なんてしなければ、私は一生、キムチとは縁がなかったかもしれないのに。。。いわば、キムチ歴1年の私に、キムチを食べて30年育った韓国人が納得いくキムチが、「はいよ!」っと作れる方が不思議だわ!

と腹を立てて、キムチ作りを放棄。それ以降、10年。YWがキムチを作っておりました。

ところが、何を思ったか、妙に作りたくなった私。。。
うちにあった白菜一個で作り始めた。

まず塩漬け
a0185602_14579.jpg


キムチソース作り、
a0185602_15202.jpg


白菜の水切り、

一緒に入れる野菜を切る(大根、にら等)

白菜にキムチソースを塗りつける。
a0185602_155277.jpg

待つ。。。(いや、漬けたその日から食べられますよ)
当日は白菜の塩がまだきつい感じ。でも、翌日、翌々日になると、白菜から水が出て、ソースに甘みが出てきて、ますますおいしくなりました。

更に、この日は、カムジャタンをつくった。
たまたま、うちの近所のスーパーで豚の骨が安く売っていたので、思わず買いました。それでカムジャタン。カムジャタンって、中国語では「猪肉骨湯」って書くんだけど、本当の意味は「ジャガイモスープ」。カムジャってジャガイモの意味なのよ。YWの実家のカムジャタンは、豚骨もそうだけど、大きなジャガイモを沢山入れる。私も、「カムジャタンだから、ジャガイモがないと!」と信じている人。。。だから、レストラン(食堂?)のカムジャタンをみると、妙に腹が立つ。だって、ジャガイモがほとんど入ってない。。。
まぁ、そんなんで、ジャガイモたっぷりカムジャタン。
a0185602_11051.jpg


キムチもカムジャタンも真っ赤で、辛そう~! に見えるけど、全然辛くないのよ。
使っている唐辛子、韓国の義母が、いいものを送ってくれる。質のいい唐辛子は辛くないの。もちろん、韓国産のね。 最近は中国産が多いけど、中国産の唐辛子は辛い! 辛くて食べられません。。。

カムジャタンも、その地方、家庭によって味付けの仕方が違うの。
韓国食堂もオーナーやシェフの出身地で味が違うけど、ソウルの辺りでは、カムジャタンの味付けは味噌やコチュジャンを使ったりするらしい。でも、釜山の辺りでは(YWの家だけ?)、塩と唐辛子で味をつけるよ。 私はこれに風味付けにちょっとだけ味噌(韓国味噌ね)を入れるけど。。。

日本のお雑煮みたいね。各地によって味付けが違うってね。。。

私がつけたキムチ。じゅるりんも、YWも大絶賛! 幸か不幸か、これでキムチ作りは私の担当になりました。。。。
[PR]

by forterie | 2011-03-15 11:48 | 日々の生活

自動車保険配布スキンパーツ1 マカロン

今、カナダのローカルニュースも東北沖大震災、原発爆発のことばかり。 海外でも日本の震災、それ以上に原発の爆発、放射能漏れのことに関心があるってこと。。。原発に関しては、世界的にも最悪な事故の1つとも言われている。
現在のところ、93カ国が何かしらの支援を申し出てくれているとのこと。

韓国軍が支援のため、来日したニュースを見て、YWに「ありがとう」と自然に出てきたよ。別にYWが派遣を決定したわけじゃないのにね。。。

日本では多くの人が苦しんでいるってのに、こんなおバカな拙いブログを更新するのはあまりに心苦しいんだけど。。。撮った写真が残っているので。。。

大都会の隣町には、マカロンが買えるお菓子屋さんというのは本当に少ない。そのうちの1つ。再来週から働くお店のマカロン。。。
オーナー、フランス人で、ここのマカロンは、モントリオールからの空輸。
モントリオールから! と聞いたら、やっぱり期待するよねー。 モントリオールと言うか、ケベック州は文化自体、オンタリオとは全く別。 別世界。
オンタリオはアメリカの一部って感じだけど、ケベックはやっぱりヨーロピアン。文化も違うし、言葉も違うし、家のつくりまでもが、ヨーロッパチックよ。
だから、かなり期待してみた。。。

a0185602_121432100.jpg

マカロン、3つ買いました。1個 2ドル。 まぁ、高くもなく安くもなく。。。普通の金額です。可愛く袋に入れてくれました。

a0185602_12154244.jpg

左から、塩キャラメル、アプリコットジャスミン、ブルーベリーラベンダー

じゃぁ、まず、ブルーベリーラベンダーから頂きます。
あれれ?? はらり、、、ぱらぱら。。。
a0185602_12182537.jpg

ぱらり。。。
a0185602_12185617.jpg

うむむむむ。。。。

じゃぁ、気を取り直して、塩キャラメル、いってみましょう!
a0185602_12194258.jpg

ぱらぱら。。。ええ~?
ぽろり、、、マカロンコックが。。。とれた。。。
a0185602_12203324.jpg


ほな、またまた気を取り直して、アプリコットジャスミン、いきます!
a0185602_12231142.jpg
うむむむむむぅ。。。 こんなんでいいんだー。。。 マカロンコックがはらり、、、はらり、、、空洞の嵐。
うう~。。。 今まで格闘してきた私は一体なんだったんだろうか。。。

ん? お味? お味の方は、まぁまぁよ。
ブルーべリーラベンダーってのは、多分 色がラベンダー色ってだけで、風味がラベンダーって意味じゃないんだね。フィリングは、ブルーベリーのゼリーみたいなのだった。しっかりブルーベリーの味。
塩キャラメルって、初めて食べたんだけど、ホントに塩味のキャラメルね。結構、塩がきつかった。これは、私の好みじゃないかも。。。苦いキャラメルはOKだけど、ここまで塩がきついと、マカロンコックとの相性がアンバランスになっちゃうよ。
アプリコットジャスミンも、ジャスミンの味がしなかったよ。フィリングがアプリコットのゼリーみたいなジャムだったから、しっかりアプリコット。
なんていうんだろうね。。。 味がフラットなのよね。平らな感じでね、深みがないの。「甘い+フィリングの味」ってだけで、深みがないのよね。
たとえば、よくやるんだけど、抹茶のマカロンコックに、プレーンのバタークリームを丸く絞って、真ん中に餡子を載せて挟む。これって、抹茶の味のマカロンに、バタークリームのバニラの風味と餡子の味が合わさって、なんとも複雑に絡み合って、味に深みが出るのよね。
そういうふうに作れないのかしらね???

マカロンも普通のマカロンコックじゃぁ、楽しくないから、色んなお茶で作るよ。
お気に入りは、President Choice から出しているRasberry Thriller
ラズベリーの風味がすごいの! マカロンコックだけ食べてもおいしいのよ。これに、ちょっとオレンジ風味をつけたバタークリームを挟んだら、もう ため息モノよ。

あとは、コーヒー味にビターチョコレートのガナッシュを挟んだから、モカ。マカロンってものすごく沢山砂糖を使うお菓子なんだけど、この組み合わせは全然甘さを感じさせない。
不思議なのは、マカロンコックだけを食べると、「甘い!」って思うのに、中に挟むもので、その甘さが消えるのよね。不思議な食べ物だわ。

最近、やっと 思うようなマカロンを作れるようになったよ。レシピとオーブンの温度(焼き方)ね。私が持ってるレシピと相性のいい温度をやっと見つけたよ。ちょっと空洞チックになっても、対策も見つけたよ。
これで、卵白余っても全然OK! 逆に 卵白Welcome!

仕事を始める前に、春に向けて春っぽいマカロンを作ろうと思う。
[PR]

by forterie | 2011-03-13 12:03 | お菓子の話

自動車保険配布スキンパーツ1 大地震!

こっちの時間の昨日の明朝、父からメールがあった。
「日本で大地震発生。このあたりは被害なし。心配するな」と。

昨日、メロンパンとマカロンの教室を行ったので、その準備をしていて、ネットもなにもしていなかったから、急いで ネットニュースを開いてみたら、すごいことになっていた!

昨日からずっと、日本語チャンネルは、地震関連のニュースばかり。カナダのローカルニュース、CNNも日本の地震と津波のニュースを特集している。
もう、その映像を見るだけで、私は切なくなる。。。

カナダでも、私が住んでいるあたりは、地震もなく、ハリケーンとも無縁、竜巻の通り道からも外れている。時々起こる「災害」といえば、大雪くらい。でも、大雪も このところの温暖化で、雪自体の量が減っている。
そして、カナダはとても平和。 隣国 アメリカのようなアグレッシブな国じゃないから、どこかしらの戦争に加担したりすることもない。ある意味、日本以上に平和なところである。

2004年12月にインドネシアで起こった大地震の影響で発生した大津波。あの映像もすごいと思った。でも、今回は 同じようなこと、いやいや、もっと大変なことが母国、日本で起こっている。
日本でとても大変な思い、悲しい思いをしている人が沢山いるのに、遠い平和な国で、のほほんと生活していることがとても申し訳ないように思う。

私の実家のある岐阜県は、海がない県だから、津波の心配もないし、どちらかと言えば、断層からも離れている地域で、今まで 大地震といえば、阪神大震災の時の揺れと、もっと前 長野の大滝村の震災の余波で揺れたことぐらい。あ、あと、今回の地震。どれをとっても震度3くらいの揺れだった。
うちの家族に限らず、うちの実家の辺りの人たちは、割りに 危機感が少ないかもしれない。でも、そういうところに、なにか災害が起こったときってのは、被害がとても大きくなる。。。
あぁ、人事と思わずに、日本はどこにいても地震と向き合わせということを心に置いておいてもらいたい。

これ以上の被害者が出ないことを心から祈っています。。。
[PR]

by forterie | 2011-03-12 10:31 | 日々の生活

自動車保険配布スキンパーツ1 思いがけず職ゲット

旧ブログを続けることができなくなってしまうほどストレスを貯めた職場から開放されたのが去年の4月末。あと1ヶ月半で1年。時が経つのは早いねー。

あの職場を去ってから、お菓子とパン教室を開いたり、ベーカリーにパートに出たりして、とっても充実した生活を送っていた私。
そろそろ、何かしら変化が必要だなぁ~、と感じていた。今のベーカリーは3年半くらい前に働き始めた所。 フルタイムの仕事をしながら、週末をベーカリーで働いていた。
でも、さすがに 体が持たなくなって辞めた。。。それから 2年弱、オーナーのクロちゃんともオーナーの双子のお姉ちゃんのクラちゃんとも 連絡を取ってなかったのが、ハロウィンの夜、うちの近所でばったりと会って、お互いの近況を報告しあったときに、「ベーカーを探しているのよね。。。Missy 来られない?」と言われ、「週 2回くらいならいいよ」ってことで またパートで戻ることになった。あれから、もう5ヶ月。

仕事は好きだし、楽しいし、融通利くし。。。 まったく文句なしなんだけど、ただちょっと遠いのよね。最近はガソリン代も高いし。。。 どっか、うちの近くで、子供が学校へ行っている時間だけできるようなベーカリーとかお菓子屋さんってないのかな。。。ついでに週末は働けなくてもOKなところ。。。 なんて、図々しい希望ばかりを並べて、勝手に「そんなところ、あるわけないよな」なんて諦めていたのよね。

私が、マカロン大奮闘しているのは、前にも話ししたけれど、トロントに行けば、マカロン売ってるお店なんて沢山あるんだけど、ここ隣町には数えるほどしかないのよね。で、お勉強のために、マカロンが買えるお店に行って、マカロンを買った。
最初に行った所には、私がパートタイムで行っていた(る?) カレッジの学生がインターン(コーププログラム)で働いていたよ。 なんだか、親近感が沸いて、色々話をしちゃったよ。でも、厨房を見たら、男の人ばかりで、「もし募集してたら聞いてみようかな」って思ったけど、そんな勇気が出なかった。

そして昨日、YWに頼まれてTax office に行った帰り、Pastry shop & Cafe に寄ってみた。
ここは、前々から気になっていたんだよね。でも、ここのマカロンはモントリオールのG Point というお店から空輸しているらしい。「なーんだ、自分とこで作ってるわけじゃないのね」と思いつつも気になってた。。。だって、このG Point って店は Web site、完全 仏語で、英語のページがないから、きっとフレンチ! それにマカロンが22種類! うう~ん、試さないわけにはいかない。と思ったのよね。
それに、お教室に来てくださっていた方から、「ここのムース、あまり甘くなくて日本のケーキみたいでおいしかったの~! 2日連続で行っちゃったわ」と言ってたから、かなり期待して行ってみた。
ショーケースはマカロンで彩が鮮やかになってる! これは目を引く~! とりあえず3つ買ってみた。

そして、そのお店の入り口に 求人の貼り紙。 「おお! 聞いてみようかな」

普段、小心者の私は、気になっていても なかなか聞けない。でも、昨日は ダメ元で聞いてみたよ。
そしたら、私の条件にぴったり! ただ、お店側は来週月曜日から働ける人が欲しいらしい。。。
色々話してみて、「あー、スタートの日があわないからダメかな」って思いながら、お店のオーナーと話していたら、オーナーの表情がどんどんと明るくなっている。最後には、オーナーは「じゃぁ、3月の最終週から来られない? それなら、2週間 私1人でどうにかすればいいことだから。だから、明日 今のベーカリーのオーナーに話して、できるようであれば 明日、連絡してね」ということにとんとん拍子に話はすすんで行ったよ。

そして、今日 改めて 履歴書を持っていった。
話していると、このオーナーはフランス出身で、製菓を勉強したのは、私が行っていた学校。私の先生達ととても仲良しらしく、「このお店にもよく来るわよ~」と言っていた。
なるほど、学校の名前を出した瞬間に、表情が変わったのはこういうことだったのね。

今日、クラちゃんに この話をしたら、クラちゃんはずいぶんショックを受けていた。でも、私が「なにか違うところを経験してみたいの。」というと、クラちゃんは 納得してくれた。 まぁ、この世界は、自分の店を持たない限り、1箇所でずっと働く人って、あまりいないんじゃないかな。色んなところを経験して多くを学ぶ、みたいな。

そんなんで、仕事が決まってしまいました。
一応、子供が学校へ行っている間のパートだけど。でも、家から近いし。
ただ、月~金 だから、お教室はできなくなってしまった。。。 土曜日できるように、アレンジを考えないとね。。。

え? マカロンどうだったかって? まぁ、それは後日。
[PR]

by forterie | 2011-03-08 23:18 | 日々の生活

自動車保険配布スキンパーツ1 継承語教育

日本語教育には、いくつかの種類がある。

1. 母国語としての日本語
2. 継承語としての日本語
3. 外国語としての日本語

海外に住んで、子供に伝えていく場合、2. の継承語となる。
うちの場合も、子供に教えている日本語は継承語としての日本語になるってことね。
当然ながら、トロントには、

1. 母国語としての日本語教育を行っている 日本語補習授業校 1校 (つまりは、日本からの駐在家族の子女のための日本語補習校)
2. 継承語としての日本語教育を行う日本語学校 3校
3. 外国語としての日本語教育を行う日本語学校 数校

うちは2の継承語教育の学校へ子供を通わせている。
継承語としての日本語学校は私が知る限りで、トロントに3校あるけれど、どこも 非営利団体なので、基本的に保護者のボランティアなどで成り立っている。つまり、親が関わらなければならないイベントが満載!これが、なかなか大変で、これが理由で、転校していく児童が多い!
うちが通わせている日本語学校は、継承語の日本語学校の中でも、とても力を入れている学校で、目標も高い。 子供を転校させる親達は、当然ながら レベルは落としたくない。だから、転校先は、母国語としての日本語教育を行う学校になるわけだわ。

息子、ケンタが入学した時、JK(幼稚園年中)人数が多すぎて、初めて2クラスを設けた。始まりは 30人から始まった。けれど、4年生になったとき、1クラスになった。色々と理由はあるんだけど、単に学校を辞めた人、引越しのため辞めた人。。。でも、半数以上が1への転校。
あるとき、一気に4人が辞めた。理由は、親同士のトラブル。

じゅるりんのクラスに関しては、2クラスから始まり、3年生になったとき、すでに1クラス。1クラスになってからも人が減り、とうとう9人になってしまった。諦めた子、引越しで通えなくなってしまった子もいるけれど、半数以上が1への転校。
理由は色々だけど、親同士のトラブル、通学時間の関係、わずらわしい人間関係からの逃避ってのがほとんど。両親ともに日本人で、母国語としての日本語教育を望んでの転校もあったけど、それはほんのわずか。

でも、その後 どうなったか。。。今まであまり私は気にしていなかったんだけど、結局 転校後 やめちゃった、って人が結構いることに驚いた!

お母さんによっては、子供の日本語教育にものすごく力を入れていて、目標も非常に高く持っている人がいる。でも、子供はどうなんだろー?
1の学校は、基本的に日本へ帰ることを前提にした子女が通う学校で、最近は移民の子供も増えたっていうけど、教育の基本は、子女が日本へ帰国した時に、スムーズに日本の学校へ戻れるようにすること。だから、できる子を基準に授業が進められて、遅れた子はそのまま置き去りにされるらしい。実際、説明会に行った友人が、はっきりと言われたらしい。厳しいねぇ~。
ただ、スクールバスがうちの近くから出ているから、8時に乗せたら、4時まで自分の時間ができる! それが非常に魅力である。。。
この魅力に惹かれ、何度も考えたけど、1は高い! 高い! 1年、4月~7月末までの就学で、年間にして約1500ドルくらいするらしい。当然、兄弟割引はなし。 二人だと3000ドル(4000ドル近いって話)。更に、スクールバス代が 1学期75ドル(x2 =150ドル)。 高!

ケンタのクラスメートだったMちゃんは、親同士のトラブルで1の学校へ転校した1人。弟君がいるから、二人を1の学校へ通わせていたけど、考えてみたら、1年で4000ドル近くかかるなら、毎年日本へ行ける。だったら、日本の学校へ1ヶ月位 通わせる方がいいのでは。。。と考え、1の学校を辞めることを決めたらしい。

子供本人が決定するわけでなく、親の都合で転校を余儀なくさせられる子供。
親の転勤や、引越しっていう不可抗力的な理由だったら仕方がないけど、親の勝手な都合で転校させられ、結局 馴染めなかったり、ついていけなかったり。。。 子供があまりにも可哀想だ。
実は、私も じゅるりんがJKの時、私はあるお母さんとの間にトラブルを起こしてしまい、顔をあわせるのも嫌だったし、ものすごく自分を責めたりもした。そのお母さんと会いたくなくて、しばらくずっとYWに送り迎えをお願いしていた時期があった。でも、学校は変えようとは思わなかった。親の勝手な都合で子供を巻き込むのが嫌だったから。結局、そのトラブルから4年、トラブル相手の彼女の方が、学校を辞めたけど。(あ、そのトラブルで辞めたわけじゃなくて、彼女と子供の都合で辞めたのよ)

まぁ、親同士の人間関係とか、関わらなければならないイベントが多いのは、煩わしいけど、ケンタはあと3年、じゅるりん5年(中等部へいけたらね)、がんばろう。。。
ケンタ、じゅるりんとも、どんどん クラスメートが減っているけど、折れないでがんばって欲しいわ。。。
[PR]

by forterie | 2011-03-07 13:16 | カナダの話

自動車保険配布スキンパーツ1 卒業

2月26日のブログで、姪っ子 月子の話をちょろっとした。今日 3月1日は、月子の卒業式。
あー、あんなに小さかった月子がねー。。。もう高校卒業だよ。。。 歳を取るもんだなぁ。。。

月子の母(私の姉)のさっちーは結婚が早かった。さっちーが短大の頃、しきりに「子供にとって、若いお母さんっていいと思う。私も若いうちに子供が欲しい。だから、早く結婚したい」と。
まぁ、さっちーは短大時代、関西の人と付き合っていて、私は 幼子心(いえいえ、すでに高校生でした)に「さっちーは、多分 この人と結婚したいって思ってるんだろうな」って思ってた。
まぁ、人生は色々あるもので、結局 さっちーは、短大卒業してしばらくして、関西の人と別れ、さっさと他の人出会い、さっさと結婚を決めて、トントン拍子で、あっという間に月子が生まれた。

私達姉妹には、まだ上にちーすけという姉と、陽二という兄がいて、結婚はちーすけのほうが早かったけど、ちーすけは長い間、子供ができなかった。ってわけで、私ら兄弟にとって、私の両親にとっても、さっちーの義理の両親にとっても、月子は初姪、初孫だったわけで、誰もが月子に特別な思いがある。
私は、月子が生まれた翌年、カナダに来てしまったから、あまり 月子と過ごした時間は長くない。でも、なぜか 月子は懐いてくれているし、多分 唯一の姪(女の子)だから、余計に特別に感じるのかもしれない。

さっちー家族は、月子が4歳の時、ご主人、なべっちの転勤でロスに3年間住んでいたことがある。多分、この3年間が月子の人生を変えたんだと思う。 日本へ帰ってから、習得した語学をキープすることは、簡単じゃなかったかもしれない。田舎だったせいか、何かしら、外国人との交流会には借り出され、インタビュアーにさせられたり、県主催のオーストラリア研修に行かせてもらえたり。

でも、ある時期 さっちーは、よくぼやいてた。「月子は全然勉強しない。勉強が嫌いなところ、私そっくりで本当に嫌になる」ん? なんか聞いたような台詞。。。あ、今の私がケンタに対して思っていること、そのまんまだわ。
そんな台詞を2年くらい聞いたかな? でも、その後 どんどん月子の成績がよくなり、気づいたら 県下トップクラスの進学校へ進み、はてはて。。。と思っている間に、大学受験を向かえ、今のところ全線全勝。そして本命の合格発表を待つばかり。

正直、本命大学より、本人曰く「まぐれで受かった」大学の方が断然、全国区だし、知名度も上、レベルも上。でも、月子はあくまで、本命狙い。 前期日程でだめなら、後期も受ける、と断言。
「なぜ?」と聞くと、本命には自分のやりたいことがある。でも、まぐれ大学は、本当にそれが自分のやりたいことなのかわからない。と。
こいつは18にして 自分がわかってる。何がやりたいか、何を学びたいか、この年でちゃんとわかってるってすごいなー。
私が18の頃? とりあえず、受かればいいや、って思ってたよね。まぁ、学部の絞込みはしていたけど、詳細とか見なかったし(チョイスが少なかったしね、成績的に)。
いやいや、私なら、まぐれ大学に合格した時点で、本命大学への意欲は劇的に落ちるだろうになぁ。

ここだけの話(って、とってもパブリックやんか!)、うちの家系(特に父方)は、あまり賢い血筋じゃない。私の兄弟たちは、みな二流どころか、三流、四流大学(短大)しかいけなかったし。。。多分、なべっちのDNAを強く受け継いだんだねぇ、月子は。ラッキーなことだ!
そういえば、息子、ケンタが生まれたとき、あまりにYWに似ていて、母がポツリと「頭の中までお父さんに似てくれればいいね」と言った。。。 な、何て母親! って思ったけど、多分 うちの家族の中で、それを否定する人は誰もいないと思う。きっと、みんな同感だと思うわ。
いやいや、月子の快挙を目の当たりにして、ほんとに強く思う。

ケンタ、じゅるりんが頭脳だけはYWのDNAを強く受け継いでいて欲しい。。。 強く願うわ。

最近の日本の高校生をテレビで見ていると、「あぁ、日本も先が短いぞ」と思ってしまうけど、月子のような高校生がまだ存在すると知って「日本もまだまだ捨てたもんじゃない」とちょっと元気になった。
大学生か。。。 これから数年が一番輝いていて、一番楽しい時期。 悔いのない学生生活を送ってもらいたい。 広い世界を見て、大きな人間になってもらいたい。
月子、卒業おめでとう!
[PR]

by forterie | 2011-03-01 15:57 | 私のこと、家族のこと